HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【がんセなど三者が協働】抗癌剤開発加速へ新事業‐患者組織移植で薬効予測

2018年2月23日 (金)

事業開始で会見した三者

事業開始で会見した三者

 国立がん研究センターと非臨床CROのLSIメディエンス、医薬基盤・健康・栄養研究所は21日、新規抗癌剤の開発を加速するため、患者の腫瘍組織をマウスに移植したモデル(PDX)のライブラリー整備事業をスタートさせると発表した。GLP施設内で薬効を調べることにより、薬事承認を視野に入れた開発成功率を高めたい考えだ。特に抗癌剤に耐性化した患者組織からPDXモデルを樹立したり、希少癌のライブラリー構築に力を入れ、日本の基盤づくりを急ぐ。

 同事業は、日本医療研究開発機構(AMED)の事業として3月1日から約2年間行われる。PDXは、癌患者の組織をマウスに移植し、腫瘍を再現するもの。従来の動物実験に比べて、治療効果の予測能が5%程度から80%以上に高まるとの報告があり、欧米では抗癌剤をヒトに投与する前にPDXモデルを利用した薬効評価が進んでいる。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録