HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【シンバイオ製薬】21年度に黒字化達成へ‐売上100億円の突破目指す

2018年2月27日 (火)

 シンバイオ製薬は、2018年から3カ年の中期経営計画を発表し、最終年度の21年度に売上100億円を突破し、営業・最終利益で黒字化を目指す。主力品である抗癌剤「トレアキシン」の適応拡大で薬価ベースで売上130億円に乗せる計画。トレアキシンは販売委託しているエーザイとの契約期間が中計内に満了するため、21年以降の販売形態は5~6月までに自社販売を優先して検討する方針。

 トレアキシンは、未治療低悪性度非ホジキンリンパ腫・マントル細胞リンパ腫の適応拡大が牽引し、2017年売上は34億円を達成した。今期は42億円を計画し、エーザイが販売するトレアキシンは薬価ベースで売上100億円の突破を見込む。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録