HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本CSO協会】CMR減少要因は人員調整‐今後は数増加傾向を予想

2018年4月17日 (火)

 日本CSO協会(JCSO)の阿部安孝会長(アポプラスステーション社長)は11日、都内で活動報告会を行い、2017年の国内の稼働コントラクトMR(CMR)が前年比9.5%減の3515人となったとする実態調査の結果について、「プライマリケア領域の売上が大きかった製薬企業が、GE薬の変換率が高くなっている中で、自社MRよりも先にアウトソースしているCMRの人員調整しているのが一番の大きな理由ではないか」との考えを示した。 

 阿部氏は、11日付で新会長に就任。同協会が発足して以降6年間会長に就任していた清水昇氏(元クインタイルズ・トランスナショナルジャパン社長)から引き継いだ。そのほか、副会長に木崎弘氏(シミック・アッシュフィールド社長)、理事に松本大輔氏(IQVIAサービシーズジャパンIES事業本部長)が就任している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録