HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

国家戦略特区・第1号研修者が千葉市に‐今月から重粒子線治療の研修

2018年5月22日 (火)

 量子科学技術研究開発機構(量研)と千葉市(市長熊谷俊人氏)は連携して、量研放射線医学総合研究所(放医研)病院において、国家戦略特区の特例を活用して、初めてとなる重粒子線治療に関する外国人医師の研修を開始する。

 量研放医研病院は、1994年に世界初の重粒子線治療装置を建設し、現在も世界最多の治療患者数を誇る重粒子線治療の世界的中核機関となっている。一方、国家戦略特区に指定されている千葉市は、昨年5月に診療用粒子線照射装置海外輸出促進事業(粒子線治療の研修に係る出入国管理及び難民認定法施行規則の特例)の認定を受け、量研を事業の実施に携わる機関に指定した。量研放医研病院は、これにより粒子線治療に関する外国人医師等の研修期間を従来の1年から2年まで延長することができるようになった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録