HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ノバルティス】CML治療薬「タシグナ」、患者の半数が治療中止後も3年間寛解を維持

2018年6月22日 (金)

 スイスのノバルティスは、BCR-ABLチロシンキナーゼ阻害剤「タシグナ」の治療を中止した慢性期フィラデルフィア染色体(Ph)陽性の慢性骨髄性白血病(CML)患者を対象に、144週時点の無治療寛解(TFR)率を評価した第II相試験「ENESTop」「ENESTfreedom」で、患者の約半数がTFRを達成したと発表した。寛解後に治療をやめても3年間寛解が持続する患者が半数に上る優れた結果で、CMLが命にかかわる疾患から治癒を目指せる疾患になりつつあることを示す。また、TFRを喪失した患者のほぼ全員が治療再開後に分子遺伝子学的大寛解(MMR)を再達成した。今回のデータは、米シカゴで開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO)の第54回年次総会で発表された。

 「ENESTop」「ENESTfreedom」は、タシグナで寛解を達成したPh陽性のCML患者の治療のやめどきを評価する試験。「ENESTop」は、先行品「グリベック」からタシグナに切り替え、3年以上タシグナを投与し、分子遺伝学的寛解(DMR)を達成した18カ国63施設のPh陽性CML患者126人に対し、治療中止を評価した。48.4%の患者で144週間後にTFRを維持できていた。また、MMR喪失によりタシグナによる治療を再開した24人中、95.8%にあたる23人が分子遺伝学的効果(MR)を回復した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録