HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】「鎮痒消炎薬」使用前後の写真は可‐適正広告基準改正を受けて

2018年8月20日 (月)

 厚生労働省は8日、医薬品広告の監視指導に関するQ&Aを都道府県の薬務課に発出し、虫刺されやかゆみなどを効能・効果とする鎮痒消炎薬の広告について、患部の写真と患部が完治している写真を並べて使用することを認める考えを示した。広告の虚偽・誇大の防止を目的とした「医薬品等適正広告基準」が昨年9月に改正され、使用前後の写真の掲載が可能となったことを踏まえたものだが、「○○の緩和」などを効能・効果とする場合は、治癒・完治するように見える写真の使用は認めていない。

 今回のQ&Aは、医薬品などの広告に対する各都道府県の監視指導担当者が協議した結果をまとめたもの。医薬品の効能・効果をPRすることについて、年齢の印象をイラストや写真で説明する際に、広告上で良い印象を受けるものと悪い印象を受けるものを並べる表現の可否を回答。医薬品の使用前後の写真の表現であるかどうかにかかわらず、適正広告基準の「効能・効果または安全性を保証する表現の禁止」に抵触すると判断した場合は、指導の対象にするとしている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録