HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【感染症部会】風疹流行で重点対応方針‐39~56歳男性にワクチン接種

2018年12月6日 (木)

 厚生科学審議会感染症部会は11月29日、東京都など5都県を中心に風疹の流行が続く事態をめぐって議論し、過去にワクチン接種の機会がなかった39~56歳の男性約1610万人に重点的に対応する方針を決めた。抗体検査で接種が必要かどうかを判断した上で接種を行い、2020年7月までに同世代の抗体保有率を現在の約80%から85%まで引き上げたい考えだ。今後、重点対策の対象年齢拡大や定期接種化すべきかどうかなどについて、予防接種基本方針部会と合同で検討する。

 風疹は発熱や発疹が現れる疾病で、東京都や千葉県など5都県を中心に罹患者数が増加し続けている。今年の累計罹患者数は先月21日時点で2186人に上り、特に30~50代の男性が多数を占める。この現状を踏まえ、厚労省は、過去に定期接種の機会がなく、抗体保有率が低い39~56歳の男性約1610万人に対象を絞って重点的に対応する案を提示。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録