HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【国立がんセンター】「患者・市民パネル」設立”癌の情報提供に声を反映

2008年6月9日 (月)

関連検索: 国立がんセンター 国立がんセンターがん対策情報センター 

 国立がんセンターがん対策情報センターは、「患者・市民パネル」を設立し、癌に関する情報提供に患者の声を反映させる取り組みを始めることになった。ホームページでの情報提供などに関し評価や提言を行う。癌に関する医療情報を網羅し、患者が自分の情報を管理できるようにする「患者必携」の作成作業にも携わる。12日から活動をスタートさせる。

 パネルには、患者や家族などの中から公募により51人が選ばれた。来年度以降は100人を上限に規模を拡大する計画。これまで、個別依頼で患者が事業へ提言を行うためのワーキンググループを運営していたが、公募によって大規模に患者の意見を取り入れる仕組みを導入するのは今回が初めて。

関連リンク

関連検索: 国立がんセンター 国立がんセンターがん対策情報センター 




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録