HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【和歌山県立医大】薬学部新設へ体制固まる‐地域で活躍する薬剤師育成

2019年4月17日 (水)

4部門18研究室を設置

太田茂氏

太田茂氏

 2021年4月の新設を予定している和歌山県立医科大学薬学部(6年制、定員100人)の教育研究体制や方針が概ね固まった。医療系総合大学のメリットを生かし、医学部、保健看護学部と共同で多職種連携教育や研究を推進。高い実践能力を持ち、地域で活躍できる薬剤師や研究能力を兼ね備えた薬剤師の育成に取り組む考え。4部門18研究室を設ける予定で、各研究室を主宰する教授候補者が昨年度内に決まった。今後カリキュラム編成を本格的に進め、20年3月には文部科学省に設置許可を申請する計画だ。

 和歌山県立医大の薬学部長候補者である太田茂教授(前広島大学大学院医歯薬保健学研究院教授)は、新設薬学部の教育研究の方針について、「高い実践能力を持ち、地域で活躍できる薬剤師を育成するのが柱の一つ。研究力を備え、国際的に活躍できるファーマシスト・サイエンティストの育成にも取り組む」と語る。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報