HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【小野薬品】相良社長、「オプジーボ」1次治療薬に‐各種癌で今年度申請予定

2019年05月14日 (火)

相良暁社長

相良暁社長

 小野薬品の相良暁社長は9日、大阪市内で開いた決算説明会で抗癌剤「オプジーボ」について2019年度は「非小細胞肺癌など4種類の癌を対象に1次治療薬としての承認申請を行う予定」と計画を語った。特に肺癌領域では、既に1次治療薬の承認を得ている競合薬のキイトルーダに遅れをとっているだけに、効能追加の申請と承認が順調に進めば、20年度以降に巻き返しを図れるとの期待を示した。

 19年度に1次治療薬として承認申請を予定しているのは「胃癌」(上期)、「頭頸部癌」(下期)、「肝細胞癌」(同)、「非小細胞肺癌」(同、ヤーボイとの併用)。2次治療薬としては上期に「食道癌」の承認申請を見込んでいる。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報