HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】ジェネリック医薬品の市場シェアが漸増”昨年9月薬価調査から算出

2008年6月27日 (金)

関連検索: 厚生労働省 厚労省 ジェネリック医薬品 薬価調査

 厚生労働省は、昨年9月の薬価調査結果にもとづいて先発品、後発品の市場シェアをまとめた。その中で後発品は2005年9月調査時点と比べ、数量で1.9ポイント増の18.7%だった。

 前回調査との間で、後発品に関しては処方せん様式の見直しなど、後発品使用促進策が実施されており、後発品のシェアが漸増している。

 後発品:数量18.7%(1.9ポイント増)、金額6.4%(0.5ポイント増)。

 先発品:後発品なし=数量22.1%(0.7ポイント増)、金額48.3%(0.7ポイント増)。後発品あり=数量34.6%(0.3ポイント減)、金額34.8%(0.6ポイント減)。

 その他品目(局方品、漢方エキス剤、生薬、生物製剤、昭和42年以前承認品目):数量24.7%(2.3ポイント減)、金額10.5%(0.7ポイント減)

関連リンク

関連検索: 厚生労働省 厚労省 ジェネリック医薬品 薬価調査




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録