HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【Meiji Seika ファルマ】抗菌薬の安定供給に全力‐「トップ企業の責任果たす」

2019年05月31日 (金)

小林大吉郎社長

小林大吉郎社長

 Meiji Seika ファルマの小林大吉郎社長は28日に都内で記者会見し、抗菌薬メーカーとして安定供給体制を強化する方針を強調した。日医工の抗菌薬「セファゾリン」をはじめ、海外から輸入している医薬品原薬の供給が停止し、「国内の抗菌薬では連鎖的な供給不足が起きている」と問題視。「公衆衛生上、必須な医薬品を提供する絶対的な企業として、安定供給の責任を果たしたい」と述べ、原薬の複数ソース化や海外製造拠点を活用し、対応を図っていく考えだ。

 同社は、感染症領域の必須医薬品を中心に事業展開を進めている。全身性抗菌剤の国内シェアは年々拡大し、19%とトップ企業となっている。さらに、「ペニシリン系注射抗菌剤」では56%、「MRSA注射抗菌剤」では58%、「インフルエンザHAワクチン」では29%を占めている。小林氏は、「これだけのシェアを保有しているということは、強みではなく責任である」との認識を示した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報