HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】光工場にAI技術導入‐包装工程の残留物確認

2019年07月10日 (水)

近藤昌博氏

近藤昌博氏

 武田薬品は、山口県の光工場で稼働している医薬品包装工程で人工知能(AI)技術を導入し、医薬品製造での業務自動化を目指す。包装工程のライン切り替え時に、個装箱やPTP包装などの資材や残留物などが混入していないかを確認するAIを導入し、1月から商用生産への適用を開始した。

 光工場テクノロジーオペレーション部製材技術グループ主席部員の近藤昌博氏は4日、都内で開催されたインターフェックスで講演し、一つの製品ロットに年約16日の時間をかけて残留物の確認を行っている実態から、「ワンクリック1秒で、残留物の見逃しなく、より安全に実施できる環境を構築することを目指す」と導入メリットを強調した。将来的には、世界20カ国34製造拠点での導入を検討していく考えだ。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報