HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省専門委】ゲノム編集の胚利用検討‐規制あり方で議論開始

2019年08月08日 (木)

厚労省専門委

 厚生労働省の「ゲノム編集技術を用いたヒト受精胚等の臨床利用のあり方に関する専門委員会」が2日に初会合を開き、ゲノム編集が行われた受精胚を胎内移植することに対する規制のあり方を論点に意見交換を行った。委員からは「研究の応用が迫った時にどういう状況であるべきか、社会環境の整備なども頭に入れるべき」「子どもを生む母親の倫理観についても議論する必要がある」などの声が上がった。今秋をメドに、内閣府の調査会に中間報告する方針。

 ゲノム編集技術は、従来の技術よりも容易、正確にゲノム上の塩基配列を置換、挿入、削除といった改変ができる遺伝子組み換え技術。医療やバイオ産業に変革をもたらすものと見なされ、新しい手法の開発など急速な発展を遂げていることから、内閣府の生命倫理専門調査会が6月にヒト胚に関する基本的考え方についての報告書をまとめ、公表している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報