膜型人工肺を製品化 JMS

2008年07月11日 (金)

 医療機器メーカーのJMSは今月から、乳幼児などの低体重患者の心臓外科手術などに用いる人工肺「オキシアIC」の本格的な販売を始めた。保険償還価格は税別15万7000円。

 製品の小型化を実現するため、円形の血液流路構造を採用している。従来の人工肺に比べて血液の流れの偏りを低減させ、ガス交換効率の向上が図られている。できる限り少ない輸血量での手術が可能となる。

 また、熱交換部とガス交換部の構造体を一体成形する生産技術を確立し、血液流路構造の単純化を図っているため、水平一方向の血液流路が可能となった。人工肺と血液の接触面積や人工肺の圧力損失の低減によって、手術負荷の高い乳幼児の負担軽減が図られた。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報