HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ココカラ、マツキヨが会見】アジア一のドラッグストアへ‐「勝ち残るための道を模索」

2019年08月26日 (月)

松本清雄氏(左)と塚本厚志氏

松本清雄氏(左)と塚本厚志氏

 経営統合に向けた協議開始を発表したマツモトキヨシホールディングス(HD)とココカラファインは22日、都内で共同会見を開いた。マツモトキヨシHDの松本清雄社長は、経営統合に向けた協議開始について「非常に満足している」と述べ、「アジア一番のドラッグストアを目指したい」と意欲を示した。一方、ココカラファインの塚本厚志社長は、今回の協議開始のきっかけについて「生き残りではなく、勝ち残るための道を模索し始めたこと」とし、「企業価値の最大化を目指していく」と語った。

 両社の統合が実現すれば、売上高は1兆円規模、店舗数は3000店を超え、いずれも業界トップとなる。調剤事業でも売上高は1000億円、拠点数も約600拠点となる。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報