HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【広島市民病院薬剤部】薬剤部に「薬局向け窓口」‐薬の疑問、何でも相談を

2019年09月12日 (木)

薬薬連携の新ツールに

 広島市立広島市民病院薬剤部は、疑義照会の窓口とは別に、薬局薬剤師からの様々な質問に病院薬剤師が応じる窓口(通称:PCCP)を開設した。個々の患者の処方箋に対する疑義照会ではなく、一般的な医師の処方意図や薬物療法の考え方などを気軽に聞ける窓口として設置。電話や電子メールで寄せられる質問に病院薬剤師が回答している。敷居を下げ、病院薬剤師が良き相談相手となることで、薬局薬剤師の薬学的管理の実践を後押しするのが狙いだ。新たな薬薬連携のツールになり得るとしている。

 同院では2010年から、薬剤部が窓口となって薬局薬剤師の疑義照会に応じている。このルートに加えて、疑義照会ではなくても様々な疑問を聞くことができる窓口を、4月から新たに設けた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報