【新製品】創薬支援用細胞を発売‐ヒトiPSから作製 富士フイルム

2019年09月18日 (水)

 富士フイルムは、薬物の吸収性の評価を行う創薬支援用ヒトiPS細胞由来医腸管上皮細胞「F-hiSIEC(エフハイシーク)」を新発売した。iPS細胞の開発・製造を担う米子会社「フジフイルム・セルラー・ダイナミクス」のヒトiPS細胞を用いて、再生医療製品事業を行う国内子会社「ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)」でエフハイシークとして作製し、J-TECを通じて販売を行う。

 エフハイシークは、ヒトiPS細胞を小腸の腸管上皮細胞に分化誘導した創薬支援用細胞。富士フイルムのiPS細胞関連技術と大阪大学大学院薬学研究科の松永民秀教授の腸管上皮細胞への分化誘導技術の組み合わせにより開発された。

 経口剤の重要な評価項目の一つである腸管上皮細胞における薬物の吸収と代謝の評価において、正常なヒト由来腸管上皮細胞の使用が適しているが、同細胞を創薬研究用に安定して入手するのは極めて困難という課題があった。

 ヒトiPS細胞由来であるエフハイシークは、大量生産が可能であり、薬物の吸収性の評価を高精度に行える特徴を持つため、経口剤の開発効率化に役立てる。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報