HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本新薬】核酸医薬品を国内申請‐国産初、筋ジス適応で

2019年09月30日 (月)

 日本新薬は26日、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)を対象とした核酸医薬品「NS-065/NCNP-01」(一般名:ビルトラルセン)を国内で承認申請した。日本で創出された国産の核酸医薬品が、国内で承認申請段階に達したのは初めて。先駆け審査指定制度の対象品目、希少疾病用医薬品として指定を受けており、承認取得の時期は通常よりも早まる見通しだ。

 同剤は日本新薬と国立精神・神経医療研究センターが共同で見出した、モルフォリノ化合物で合成されたアンチセンス核酸医薬品。DMDは、遺伝子の変異によって、筋肉の骨組みを作る蛋白質「ジストロフィン」が欠損して筋力が低下する疾患。同剤は、変異したエクソン53が蛋白質に翻訳されることを防ぎ、機能を保ったジストロフィンの発現を誘導する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報