HOME > 無季言 ∨ 

先生と呼び合うのは

2008年07月23日 (水)

◆「お互いを先生と呼び合うのは嫌なんです。おかしいでしょう。外部の人間から見れば、よけいにそうだと思う」。先日取材した薬剤師は、話が脱線したついでにそう話した。薬剤師の業界ではお互いの名字の後に、「先生」を付けて呼び合うのが一般的だが、その慣習になじめないという
◆その気持ちは確かに理解できる。先生と呼ぶことでお互いの間に見えない壁を作ってしまう気がするし、そもそも「先生」との呼称は形骸化してしまっていて本来の敬意は感じられず、後味の悪さだけが残るからだ
◆こうした考え方は過去にも別の薬剤師から聞いたことはあるが、他にはあまり耳にしたことがない。全国の薬局や病院で働く薬剤師は、同じ薬剤師から「先生」と呼ばれることをどう思っているのだろうか。何の疑問もなく日々を過ごしているのか、居心地の悪さを実感しているのだろうか
◆かくいう無季言子も薬剤師の取材時には「先生」を連発している。当初は「先生」と呼ぶのに多少の違和感があったが、今ではすっかり慣れてしまった。改めて問題を指摘されなければ、何も感じなくなってしまっている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報