HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【アステラス製薬】安川社長、中国で2000億円達成視野に‐ゾルベツキシマブがカギ

2019年11月07日 (木)

安川社長

 アステラス製薬の安川健司社長CEOは、10月31日に都内で開催した決算説明会で、中国で後期開発段階の製品が全て上市できた場合には、「2020年代後半に中国事業で2000億円の売上規模を目指すことができる」と展望を語った。

 中国では現在、前立腺肥大症治療剤「ハルナール」や免疫抑制剤「プログラフ」を販売しており、主力の抗癌剤「エンザルタミド」は申請中。急性骨髄性白血病治療薬「ギルテリチニブ」や胃癌治療薬「ゾルベツキシマブ」などが後期開発段階にあり、転移性尿路上皮癌治療薬で抗体薬物複合体「エンホルツマブ・ベトチン」の開発も検討している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報