HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【医療薬学会年会】外国人患者対応が急務に‐五輪目前、受入体制を議論

2019年11月12日 (火)

日本医療薬学会年会

 3日に福岡市で開かれた日本医療薬学会年会では、急増する在留・訪日外国人患者への対応をめぐって議論した。来夏に東京オリンピック・パラリンピックの開催が控える中、外国人患者、競技選手が安心して医療を受けられる医療機関、薬局側の受け入れ準備は喫緊の課題。こうした中、シンポジウムでは様々な角度から外国人患者への対応例が示され、今後「医療通訳」の活用も含め、外国人への医療、医薬品提供が日常的になってくることで認識が一致した。

 坂本治彦氏(国立国際医療研究センター薬剤部)は、同院で急増する外国人患者への対応について紹介。観光立国など国の政策の影響で、在留、訪日外国人患者が増加している現状を説明した上で、「各病院で外国人患者の受け入れ体制整備の重要性が増大している」と述べた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報