HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【九州大学】D‐アミノ酸の一斉分析技術を開発

2008年8月7日 (木)

関連検索: 九州大学 アミノ酸

 九州大学大学院薬学研究院の濱瀬健司准教授らは、全てのアミノ酸の光学異性体(D型・L型)について、全自動で一斉分析を行う技術を開発した。生体内のD型アミノ酸研究は停滞しているが、この技術を用いることにより研究が進み、その成果が病気の診断・予防への応用や、医薬品・機能性食品の開発などに応用されることが期待されている。

 開発された技術は、蛋白質に含まれる全アミノ酸20種に、数種のアミノ酸を加えた24種類に対し、DL体を区別した全自動二次元分析を可能としており、分析装置がないために進んでいなかった、D‐アミノ酸研究を進展させていく上で重要と考えられている。

 アミノ酸には、光学異性体のD型とL型があるが、ヒトを含むほ乳類にあるアミノ酸は、全てL型と考えられてきた。しかし、ほ乳類の体内でも数種のD型アミノ酸があることが発見され、脳やホルモン分泌組織などでD型が重要な役割を担っていることが明らかになりつつある。

 この技術を応用すれば、D型アミノ酸が未知の生理活性物質として働いていることや、疾患マーカーとして利用できることが明らかになると期待される。

 現在、この技術を用いた分析装置の実用化・市販に向けた研究が、連携企業でミクロHPLC実用化技術を持つ資生堂と推進されてる。またこれと並行し、全D型アミノ酸を対象として、疾病や生理状態の変化に伴うマーカー分子の探索・発見と、新規診断法構築への研究も展開。さらに、ほ乳類体内の機能性D型アミノ酸の探索・発見と、創薬・機能性食品の開発などへの可能性も検討される予定。

関連リンク
関連検索: 九州大学 アミノ酸




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録