HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【先進医療専門家会議】RET遺伝子診断を了承

2008年8月11日 (月)

 厚生労働省の先進医療専門家会議は7日、甲状腺髄様癌の原因となるRET遺伝子の診断技術を、先進医療として保険診療との併用を認めることを了承した。甲状腺髄様癌は遺伝性と非遺伝性があるため、いずれのタイプか早期に判断することで、治療法の選択に役立つことが評価された。

 遺伝性甲状腺様癌の原因遺伝子はRET遺伝子で、変異部位と臨床病型の相関も明らかになっている。

 非遺伝性の場合は原則として甲状腺部分切除により治療するが、遺伝性の場合は甲状腺の全摘が必須となる。また、遺伝性の場合に起こり得る合併症の検査も必要になる。RET遺伝子診断により、約97%で遺伝性かどうかの確定診断が可能になる。

 診断では、採血により末梢血から白血球DNAを抽出し、RET遺伝子の特定部位を増幅し、塩基配列を解析する。

 実施要件として、外科と小児外科、耳鼻科、内科で5年以上の経験を持つ、それぞれの診療科の専門医または内分泌代謝専門医で、当該技術に1年以上、1例以上の経験が必要。医療機関としての実施数は1例以上。また、初めてこの診断を実施するときは、事前に倫理委員会に諮ると共に、遺伝カウンセリングの実施体制も必要となる。

 なお、▽角膜ジストロフィの遺伝子診断▽末梢血単核球細胞移植による急性心筋梗塞に関する血管新生療法▽内視鏡下筋膜下穿通枝切離術””の3技術については書類不備、「求心路遮断痛に対する少量ケタミン点滴療法」は適応外使用のため差し戻された。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録