HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

PMDA・佐藤氏「MID-NET、赤字で苦戦中」‐企業利用が想定下回る

2020年01月27日 (月)

佐藤大作氏

佐藤大作氏

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)組織運営マネジメント役の佐藤大作氏は22日、都内で講演し、電子診療情報データベース「MID-NET」を活用した製造販売後調査について、「製薬企業の利用が想定よりも少なく、赤字経営で事業が立ち行かない状況」との厳しい認識を示した。患者データ規模が小さいことが苦戦の要因とし、「臨床研究中核病院や国立病院機構などのデータベースと連携し、統合解析に利用できる患者数を増加させたい」との打開策を語った。

 「MID-NET」は、2018年4月から本格運用を開始。19年度の実績見込みはPMDAによる行政利活用が28調査であるのに対し、製販後調査での利用は1品目と想定よりも大きく下回っている。利用料で運営を行う事業モデルだが約7億円の赤字と苦しい状態が続く。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報