HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【福岡県事業で中間報告示す】回復期リハで処方適正化‐多くが抗炎症薬や鎮痛薬

2020年02月21日 (金)

福岡県事業で中間報告示す

 福岡県医薬品適正使用促進連絡協議会が17日に福岡市で開かれ、回復期リハビリテーション病棟と地域包括ケア病棟の入院患者を対象に実施した「処方適正化アプローチ事業」の中間報告が示された。既に結果が出ている2病院のいずれの病棟でも、退院時の減薬につながったことが判明。減薬した薬効群は、非ステロイド性抗炎症薬、解熱鎮痛薬、降圧薬が多かった。

 処方適正化アプローチ事業は、昨年度に6病院の一般病棟入院患者を対象に実施したが、一般病棟では入院期間が短く、処方適正化が完結しない課題があったため、今年度は入院期間が長い回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟を保有する8病院に入院する65歳以上の患者を対象とし、昨年6~12月にかけて事業を行った。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報