HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【奈良県薬事審議会】後発品使用率伸び悩み‐昨年8月で約68.6%

2020年02月25日 (火)

 奈良県薬事審議会が13日に奈良市内で開かれ、後発品使用促進施策などについて議論した。2019年8月時点の後発品の使用率は約68.6%と横ばいで推移しており、県内の病院の後発品採用基準や採用品目を公開する取り組みを強化する方針が示された。

 奈良県は医療費適正化計画で、19年度に後発品の使用率を数量ベースで80%以上に高める目標を掲げているが、19年8月時点の使用率を国民健康保険と後期高齢者医療制度の加入者で見ると約68.6%にとどまり、18年10月時点の約66.9%から伸び悩んでいる。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報