HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【規制改革会議が答申】部局横断の推進体制を‐スイッチOTC、年度内に

2020年07月09日 (木)

規制改革会議

 政府の規制改革推進会議は2日、スイッチOTCの促進策を盛り込んだ答申をまとめた。答申では、厚生労働省によるスイッチOTC化の取り組みが安全性や有効性に関する議論に偏りがちな点を指摘。国民の健康増進、医薬品産業の活性化などの視点も踏まえ、部局横断的なスイッチOTCの推進体制の構築を2020年度中に措置するよう求めた。

 答申では、厚労省が16年に「医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」を設置し、新たなスイッチOTCのスキームが整備されたものの、医療用からの転用がフルチカゾンプロピオン酸エステルの点鼻薬やヒアルロン酸ナトリウムの点眼薬、排卵日予測検査薬などにとどまっており、「これまでの実績は低調」と指摘。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報