HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【インテージヘルスケア】OTC販売、3.5%減で最低水準‐7月度はコロナと悪天候要因に

2020年09月28日 (月)

 インテージヘルスケアは、全国のOTC医薬品販売動向調査データをもとにした2020年7月度の「市販薬(OTC)市場トレンド」を発表した。7月の販売金額は、前年同月比3.5%減の918億円で、過去5年間における7月の販売金額平均を100とした場合の指数は97.1で最低水準となった。新型コロナウイルスによる影響に加え、記録的な豪雨や長引く梅雨など、月間を通じて全国的に悪天候だったことが消費全般を押し下げる要因となった。

 調査は、同社の全国一般用医薬品パネル調査に基づくもの。OTC医薬品を販売しているドラッグストアやスーパーマーケット、コンビニエンスストア、ホームセンター、ディスカウントストアを対象に、POSデータをオンラインで集めた。調査店舗は3245店舗。対象カテゴリーは医薬品と指定医薬部外品とし、各店舗でのバーコード別の販売年月日、販売個数・金額などを調べた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報