HOME > 企画 ∨ 

【第53回日薬学術大会】服薬フォロー機能を標準搭載‐ユニケソフトウェアリサーチ「P-CUBE n」

2020年10月07日 (水)

第53回日本薬剤師会学術大会
話題の調剤支援システム

ユニケソフトウェアリサーチ「P-CUBE n」

 ユニケソフトウェアリサーチは「薬剤師による対話をサポートし、患者さまの『物語』に寄り添う医療の実現を目指す」をコンセプトとした電子薬歴レセコン一体型システム「P-CUBE n(ピーキューブエヌ)」を2021年1月に発売する。

 大きな特徴は、対人業務の時間を創出できるよう、薬歴作成を効率化する設計や機能を電子薬歴システムに搭載したこと。これまで、個別に入力作業を行っていた「頭書き情報」「薬歴入力」との連携を実現。薬歴入力にかかる手間を省略させた。

 また、処方監査から薬歴入力完了までの操作の動線を徹底的に見直すなど、画面レイアウトの大幅変更と合わせ、システム運用をより効率化させた。さらに、薬剤ごとに指導要点をまとめたガイダンス機能を、薬局ごとにカスタマイズできるようにしたほか、患者の属性に基づいた絞込機能の搭載により、一人ひとりの患者に対応した服薬指導と薬歴入力の省力化も同時に実現した。

 薬機法改正に伴い、9月から義務化された服用期間中の患者服薬フォロー機能も標準搭載。年代問わず広く利用されているLINEのサービスを活用した患者コミュニケーションツールを採用したことで、チャット形式でのコミュニケーションを可能にし、効果的で継続的なフォローアップを実現した。LINEでのやり取りやコミュニケーションの記録を、電子薬歴と連動させることで薬歴入力の効率化も図った。

 このほか、処方薬や症状に応じたフォローを行うための指導コンテンツも搭載し、より効果的な服薬フォローを行うと同時に、薬歴記載への負担も軽減する。

 経営管理・在庫最適化サービス(Stock Optimization Service:SOS)は、チェーン店本部向けの経営管理機能と、店舗向けの在庫最適化機能を備えた薬局経営の可視化を図るクラウド型システム。店舗の在庫情報と連携し、グループ内の各店舗の在庫状況、他店との共有(分譲・引き取り)がシームレスに行えるだけでなく、オンプレミスからクラウドシステムへと移行し、本部管理システムの導入や運用コストの負担を軽減した。

 同社は、薬局の利用者に「薬剤師は身近な頼れるパートナー」とのメッセージを広く発信するため、「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」とコラボした特別企画「もっと近くに。薬剤師応援キャンペーン」を今月1日から開催。キャンペーンでは、薬局業務を支援するノベルティのプレゼント企画も実施する予定。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

企画 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報