HOME > 企画 ∨ 

【第53回日薬学術大会】散剤分包の全自動化を実現‐タカゾノ「Crestage-Premier」

2020年10月07日 (水)

第53回日本薬剤師会学術大会
話題の調剤支援システム

タカゾノ「Crestage-Premier」

 タカゾノが発売している全自動散剤分包機「Crestage-Premier(クレステージ・プレミア)」はシリーズ最高峰モデルとして、散剤分包のフルオートメーション化を実現している。散剤分包業務における取り揃え・秤量も含め分包業務の全工程を任せることができ、調剤業務全体の効率化だけではなく、患者対応や丁寧な服薬指導など、薬剤師に求められている患者と向き合う時間の創出にも貢献する。

 これまでの散剤分包では、散剤監査から分包機への薬剤投入までの全ての工程を薬剤師が行わなければならず、調剤時間が長くなる要因となっていた。「Crestage-Premier」の導入によって、薬剤師が行う作業は▽処方選択▽処方内容確認▽確定――となり、薬剤師の負担等を大幅に軽減することができる。

 具体的に特徴を見ると、「Crestage-Premier」は対応する作業ごとに「秤量ユニット」「円盤ユニット」「分包ユニット」の三つに分かれている。

 最上部に位置する「秤量ユニット」では、散剤の取り揃えと秤量を行う。薬剤を充填する散剤カセッターは最大30個まで同時搭載可能で、30種類の薬剤を搭載することで散剤秤量の約96%をフルオートで行える。

 散剤カセッターについては、薬剤の充填口が上部、排出口が下部にあるため、先に入れた散剤から排出される。RFIDチップを内蔵しており、どの位置に装着しても薬剤名を認識。同一散剤は最大10カセッターまで装着することが可能である。

 さらに、未搭載の薬剤をオートで分包することも可能。手作業による秤量の負担を大幅に軽減する。

 同製品の中段にあたる「円盤ユニット」には、45包小型円盤2枚とフィーダーが各円盤に二つずつの合計四つ搭載されている。散剤を振り撒く際、小型円盤が高速で回転することにより高い分包精度を実現している。

 フィーダーには、円盤への散剤振り撒きの際、フィーダーシュートが装着される。2枚の円盤で交互連続分包を行ったり、四つのフィーダーで1度に4種の振り撒きができるなど、様々な分包に対応することが可能となっている。

 散剤の取り揃え、秤量から分包まで行う過程で、残薬やコンタミが生じにくいよう、散剤経路をフルオートで清掃する安全対策を施していることも特徴と言える。また、分包時にコンタミ・残薬が生じなかったことを記録するため、カメラ3台を装備。散剤の通過前後に散剤経路をオート撮影し、画像で保存できる。撮影した画像は後日、分包ごと、薬剤ごとに確認することができる。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

企画 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報