HOME > 企画 ∨ 

【第53回日薬学術大会】現場薬剤師が作った薬歴アプリ‐C.Medical「ConnectReport」

2020年10月07日 (水)

第53回日本薬剤師会学術大会
話題の調剤支援システム

C.Medical「ConnectReport」

 ゆうホールディングスのグループ会社であるC.Medicalが開発、販売している薬歴アプリ「ConnectReport(コネクトレポート)」の外来業務機能が7月に刷新された(在宅版のみの契約は除く)

 ConnectReportは、レセプトコンピュータと連携することにより、クラウド上に患者情報や処方情報などを保存・一括管理できる薬歴アプリ。アプリの開発には、現場の薬剤師が携わったことで、現場の声が多く反映されており、使いやすい仕様になっている。

 ConnectReportの画面は、左から今回、前回、前々回の処方薬が一覧で表示され、前回処方があり今回削除の薬は「青色」、初めての薬は「赤色」、変更点は「黄色」、追加された薬は「ピンク」と色分けされるので、処方の変更点をすぐに確認できる。処方薬を経時的に一覧表示もでき、いつどのような薬が処方されたかが一目で分かる。さらに、データベース機能が追加され、医薬品の相互作用や疾患と医薬品などの鑑査情報が画面に表示されるようになった。

 バイタルや検査値も一覧で表示できるほか、画面に表示された処方薬をクリックするとPDFファイルの添付文書を見ることができ、服薬指導に役立つ。各店舗の薬歴内容を本部で閲覧することも可能。

 また、在宅支援システムも充実している。在宅現場での報告書や薬歴の入力もiPadなどのタブレット端末でできるため、薬局に戻ってからの報告書や薬歴作成が軽減される。グループ管理機能やカレンダー機能(訪問日管理)もある。

 グループ管理機能は、訪問施設ごとに患者情報の閲覧ができ、部屋番号順や往診順などの並び替えの設定が任意にできる。カレンダー機能は、カレンダー画面から、訪問施設や患者情報の確認が可能。報告書作成時に次回訪問予定を入力すればカレンダーに自動反映され、日付をタップすると、その日の訪問予定が確認できるなど、作業の効率化に役立つ。

 患者情報画面から地図ボタンを押すと地図アプリが起動し、現在地から訪問場所までのルートを表示するため、所要時間や経路把握に役立つ。

 アプリの写真機能を使えば、端末に個人情報を残さずに画像で視覚的に情報共有ができ、報告書へ写真を添付することで多職種との情報共有もできる。患者自身に紐づいた情報なども画像で保存できるため、一包化の作成方法やお薬カレンダーのセット方法など担当者以外の薬剤師でもスムーズな対応が可能となる。

 入力したデータは全てクラウドに保存されるため、外来業務、在宅業務で記入した情報は瞬時に同期されるほか、セキュリティ面も通信の暗号化とクライアント認証によって確保。事前に登録している端末であれば、どの端末からでもアクセスできるため、時間外や急な問い合わせにも場所や時間を選ばずに迅速に対応できる。

 利用料金は、初回のレセコンとの接続費用と月額使用料金のみで、端末の台数に関係なく、更新費用などはかからない。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

企画 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報