HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【琉球大/横浜市大】コルヒチンの治験開始へ‐新型コロナで来年1月から

2020年11月09日 (月)

 琉球大学と横浜市立大学は5日、新型コロナウイルス感染症患者を対象とした痛風治療薬「コルヒチン」の国内治験を来年1月から開始すると発表した。日本医療研究開発機構(AMED)の支援を受け、入院中の軽症・中等症患者に対する重要化予防効果を検証し、来年5月に治験を終了する予定。軽症・中等症患者に対しては、富士フイルム富山化学が開発した抗ウイルス薬「アビガン」(一般名:ファビピラビル)が承認申請中だが、抗ウイルス薬とセットで使われる抗炎症薬として、コルヒチンの開発を目指す。

 コルヒチンは、抗炎症薬として痛風、家族性地中海熱を適応に使用されている。今回の治験は、中等症・重症化ハイリスク因子を持つ軽症の新型コロナウイルス感染症患者を対象としたランダム化二重盲検プラセボ対照多施設共同比較試験。コルヒチンとプラセボを割り付け、初日1.5mg、翌日から0.5mgを1日1回4週間経口投与した時の高感度CRPを指標とした炎症反応亢進抑制作用を検討する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報