HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【田辺三菱製薬】VMAT2阻害剤で好結果‐21年度に国内申請へ

2021年02月09日 (火)

 田辺三菱製薬は3日、臨床開発中の小胞モノアミントランスポーター2(VMAT2)阻害剤「MT-5199」(一般名:バルベナジン)について、遅発性ジスキネジアを適応症とした国内第II/III相試験で良好な結果を得たと発表した。2021年度に国内で承認申請する予定だ。

 中等度、高度の遅発性ジスキネジア患者256人を対象に試験を実施。同剤を1日1回最長48週間投与した群では、プラセボ投与群に比べて、投与6週後の異常不随意運動評価尺度の合計スコアのベースラインからの平均変化量が有意に改善した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報