HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

武田が国内最高の6位に‐医薬品アクセスランキング

2021年02月08日 (月)

 低中所得国の貧困層を対象に医薬品アクセス向上に取り組む製薬企業をランキング化した2021年度版の「医薬品アクセスインデックス」で、英グラクソ・スミスクライン(GSK)が首位となったことが明らかになった。2位以下にはスイス・ノバルティス、米ジョンソン・エンド・ジョンソン、米ファイザーが続いた。日本企業でトップ10に入ったのは6位の武田薬品のみだった。

 同インデックスは、医薬品アクセス財団が低中所得国106カ国に医薬品を提供する有力製薬企業20社を対象としたランキング調査。首位のGSKは低中所得国における価格設定やライセンス供与、寄付、能力向上などの活動を含む医薬品の提供で優れた実績を収めたことが評価され、トップを維持した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報