HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

スギ薬局がヤオコーの子会社からドラッグ11店舗を譲受

2006年7月26日 (水)

 スギ薬局は25日、首都圏を中心とするスーパー大手のヤオコー(川越市、社長川野幸夫氏)の子会社で、調剤薬局・ドラッグストア経営の日本アポック(川越市、会長兼社長犬竹一浩氏)が有する調剤併設型ドラッグストア11店舗を譲り受けることを発表した。譲受予定日は9月1日。譲受価額は今後、ヤオコー及び日本アポックと協議し決定する。またスギ薬局では今回の事業譲渡に関する基本合意を機に、ヤオコーが今後開発するショッピングセンターへのテナント出店など、店舗展開においても互いに協力していくことで合意した。

 ヤオコーは埼玉を中心に千葉、群馬、栃木、茨城、東京の1都5県でスーパーを展開する(2006年3月期売上高は約1560億円)。日本アポックはドラッグ・調剤事業部門子会社として95年に設立され、06年3月期売上高は86億4200万円。店舗数・業容の拡大の中でが、調剤事業部門は順調に収益を伸ばしている反面、ドラッグ事業部門は大手ドラッグチェーンとの厳しい競争の中で、採算面で苦しい状況が続いていた。

 今後も大手ドラッグとの競争激化が予想され、また現状のドラッグ事業部門の規模では単独事業での黒字化が難しいため、早期にこれを切り離すことを判断した。調剤事業部門については、日本アポックを調剤専門会社として再出発を図る。なお事業譲渡の対象となる日本アポックのドラッグ事業の従業員については、ドラッグ事業に従事希望する者は日本アポックを退職の後、スギ薬局に雇用される。

 事業譲渡の対象となる店舗(薬局アポック)は埼玉県内の10店舗と千葉県の1店舗。これらドラッグ事業部門の06年3月期業績は売上高26億2600万円。スギ薬局では中長期的な経営目標として「2010年度1000店舗、売上高3500億円」を掲げ、M&Aも含めた事業規模拡大を目指しており、今回11店舗を譲り受けることで関東エリアにおける店舗開発の促進等につなげていく。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録