HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【海外製薬大手20年度決算】「ヒュミラ」200億ドルに迫る‐主力品伸びコロナの影響をカバー

2021年02月22日 (月)

ロシュは特許切れで苦戦

 海外大手製薬企業の2020年度決算が出揃った。新型コロナウイルス感染拡大の中、バイオシミラーの浸透で苦戦したスイス・ロシュを除き、ほぼ全ての企業で増収を確保して底堅さを見せた。米アッヴィと米ブリストル・マイヤーズスクイブは買収効果で大幅増となった一方、米ファイザーはアップジョン事業の切り離しで約100億ドルの減収影響があった。ただ、来年度は新型コロナウイルス感染症ワクチンで約150億ドルの売上計上を予想しており、再び大幅な売上増となる模様だ。大型製品では、アッヴィの関節リウマチ治療薬「ヒュミラ」が198億ドルと200億ドルに迫る勢いを見せ、米メルクの抗癌剤「キイトルーダ」は144億ドルに続伸した。

スイス・ロシュ

 スイス・ロシュは、新型コロナウイルス感染症の影響やバイオシミラーとの競争激化により、売上高は5%減の583億スイスフラン(CHF)(約6兆9000億円)と減収となった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報