HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【インフルエンザ菌b型結合体ワクチン】ようやく日本にも登場

2008年11月12日 (水)

関連検索: アクトヒブ

 仏サノフィパスツールと第一三共は、インフルエンザ菌b型結合体ワクチン「アクトヒブ」を12月19日から発売する。アクトヒブは国内出荷分の品質試験に時間を要していたため、発売が二度にわたって延期されていた。今回の発売開始でサノフィパスツールは、グローバル製薬企業として初めて日本の小児ワクチン市場に参入する。

 インフルエンザ菌b型は、乳幼児に細菌性髄膜炎などを引き起こし、日本では毎年500人の小児が罹患し、約25人が死亡している。世界では、1990年代にインフルエンザ菌b型結合体ワクチンが登場して以来、小児への定期接種が急速に広がっており、ようやく日本でも導入されることになる。

 既にアクトヒブは、120カ国以上で1億回の使用経験が蓄積されている。

関連リンク
関連検索: アクトヒブ



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録