HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【第一三共】癌のパイプライン強化で米ベンチャーと提携

2008年11月12日 (水)

関連検索: 第一三共

 第一三共と米バイオ企業のアーキュールは、新規抗癌剤の研究開発に関するライセンス契約と共同研究契約を締結した。癌領域を重点領域と位置づけ、抗体医薬の導入などを進めてきた第一三共は、新たな研究開発提携を行うことで、癌領域のパイプラインをさらに強化する。

 契約により、第一三共はアーキュールが米国で開発中の新規抗癌剤「ARQ197」の全世界(日本・中国・韓国・台湾を除く)での開発・販売権を取得すると共に、アーキュールが独自に開発した新規キナーゼ阻害薬探索技術「AKIP」を用いた共同研究を進めることになった。

 これを受け、第一三共はアーキュールに対し、契約一時金として7500万ドル(約73億円)を支払うと共に、開発段階・研究段階に応じたマイルストーン、製品販売に伴うロイヤリティなどを支払う。

 ARQ197は、肝細胞増殖因子HGFの受容体であるc-Metを選択的に阻害する新規低分子化合物。米国での第I相試験では、複数の固形癌で抗腫瘍効果が認められている。なお、ARQ197の日本・中国・韓国・台湾での開発・販売権は、協和発酵キリンが取得しており、現在、国内第I相試験段階にある。

関連リンク
関連検索: 第一三共



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録