HOME > 企画 ∨ 

【日本薬学会第141年会】独創的な創薬研究はいかにして生まれたか?‐2020年度医薬化学部会賞ならびに2019年度MCS優秀賞受賞講演

2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要

オーガナイザー
 巾下広(小野薬品)
 大高章(徳島大院医歯薬学)
 青木一真(第一三共)

 日本薬学会医薬化学部会では、創薬の発展に寄与する革新的な内容を含む研究成果を医薬化学部会賞として表彰している。また、メディシナルケミストリーシンポジウムの一般口頭発表およびポスター発表の中から、創薬研究の進歩と将来の発展に寄与する顕著な内容を含む研究成果を医薬化学部会MCS優秀賞として表彰している。

 本シンポジウムでは、2020年度医薬化学部会賞を受賞した「ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬デルゴシチニブの創製(日本たばこ産業)」と「新規シデロフォアセファロスポリン抗菌薬セフィデロコルの創製(塩野義製薬)」の研究成果をご講演いただく。

 また、19年度医薬化学部会MCS優秀賞を受賞した「ライソシンEを基盤としたOBOCライブラリー構築と評価による新規抗菌類縁体の探索(東大院薬)」と「新規経口型HSP90阻害剤TAS‒116の創製(大鵬薬品工業)」の研究成果をご講演いただく。

 これら優れた研究成果の知識や経験の積極的な共有を通して、画期的な新薬創製につながる新しいアイデアが生まれることを期待する。

 (巾下広




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

企画 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報