HOME > 企画 ∨ 

【日本薬学会第141年会】蛋白質化学の『使える』最先端ツール

2021年03月19日 (金)

シンポジウムの概要

オーガナイザー
 樋野展正(阪大院薬)
 梅原崇史(理研)

 蛋白質は、ほぼ全ての医薬品の生体内標的分子であると同時に、それ自身が医薬品となり得る特徴がある。そのため、標的蛋白質を同定する、あるいは蛋白質に新たな機能を付与するツールの開発は、薬学研究を発展させる大きなポテンシャルを秘めているが、その応用範囲は未だ限定的である。

 このことは、とかく作ること自体が目的になりがちな技術開発研究から脱却し、実際に「使う」ことを明確に意識したツールの創出が重要であることを示している。

 本シンポジウムでは、蛋白質を標的とする化学および生化学を専門とする研究者が、光親和性プローブや創薬標的探索分子、非天然型アミノ酸の蛋白質への部位特異的導入系などの最先端ツールについて、実際にどのようなアプリケーションが可能になったのか実例を紹介する。

 本シンポジウムをきっかけに、新たな学際的研究が促進されることを期待したい。

 (樋野展正




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

企画 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報