HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【製薬企業イメージ調査】総合力勝る大手に好感度‐ネグジット総研

2008年11月21日 (金)

関連検索: イメージ調査

 ネグジット総研は昨年に引き続き「製薬企業イメージ調査」を薬剤師に実施した。回答したのは薬局薬剤師322人、病院薬剤師160人。

 先発薬企業44社を選択肢に、コールセンター、営業力、開発力、好感度、社会貢献、情報発信などをテーマに調査した。

 それによると、「薬局・薬剤師を大事にしている」メーカーでは、薬局・病院薬剤師ともに1位は昨年と同じくアステラス製薬で、不動の地位を築いた形。2位は両者とも第一三共で、薬局薬剤師では昨年の3位から、病院薬剤師では6位からランクアップした。3位には病院薬剤師ではファイザーが、薬局薬剤師ではエーザイが入った。昨年、病院病院薬剤師で2位だった武田薬品は5位に転落した。武田薬品は薬局薬剤師にでの評価でも7位と、昨年の5位から順位を落とした。

 また、情報発信をテーマに「情報伝達の早さ」を聞いたところ、薬局、病院薬剤師ともに1位から4位は、武田薬品、アステラス製薬、第一三共、ファイザー製薬の順で、武田薬品は昨年に引き続いてトップの座を守った。中外製薬は、病院薬剤師では5位となったが、薬局薬剤師では15位と大きく差があった。同じく病院薬剤師で6位のサノフィ・アベンティスは、薬局薬剤師では21位だった。逆に薬局薬剤師で6位のグラクソ・スミスクラインは、病院薬剤師で15位とふるわなかった。

GE薬メーカーのサービスでも調査

 GE薬メーカーにも焦点を当て、求めるサービスについて調査された。「GE薬メーカーMRに希望する訪問頻度」を尋ねたところでは、薬局薬剤師では「1カ月に1回」が約半数を占め、3カ月に1回(15%)、2カ月に1回(13%)と続いた。一方、病院薬剤師では「1カ月に1回」が30%強を占めたのに対して、2週間に1回(23%)、週1回(19%)と、きめ細かな訪問を希望していることが判明した。

 また、GE薬メーカーから「各種資材の提供を受けたことがあるか」の問いには、薬局薬剤師の60%以上、病院薬剤師の50%以上が受けたことがあると回答した。

 「提供を受けた資材が役だったか」については、薬局薬剤師で59%が、病院薬剤師では43%が「かなり役だった」「役だった」と指摘。逆に「全く役に立たなかった」「役立たない」は薬局薬剤師で6・4%、病院薬剤師で14・4%となっており、病院薬剤師は情報提供の質・量ともに厳しい基準を持っていることが分かった。

関連リンク
関連検索: イメージ調査



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録