HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【油クサイ!30代男性】原因物質はペラルゴン酸‐ライオン研究所が解明

2008年11月20日 (木)

 ライオンのビューティケア研究所は、30代男性に特有のニオイが、ペラルゴン酸(ノナン酸)に起因することを突き止めた。ペラルゴン酸は、使い古した食用油に似た独特の臭いを発する飽和脂肪酸。また、臭いが発生するメカニズムの解明や、その抑制成分の開発にも成功した。

 同社が20040代の男性を対象として、いつが“男の曲がり角”に当たるかを聞いたところ、「体臭が強くなる」時期を挙げ、年齢は34・7歳であった。また、20050歳代男性の約5割が、自分の臭いを気にしていることも分かった。そこでビューティケア研究所は、30代男性が変化したと感じる臭いの原因物質は何か、さらに発生メカニズムや抑制方法について解明を進めた。

 今回の研究では、男性の体臭がどのように変化するのかを明らかにするため、10070代の男性148人が14時間着用したTシャツから、腋と体幹部(胸・背中など)における▽臭気の強さ▽臭気の不快度▽臭いの質――を専門の研究員が評価した。

 臭気の強さと臭気の不快度には、年代による違いは認められなかった。しかし、臭いの質という面では、30代男性の体幹部には独特の油っぽい臭いのあることが分かり、これは10代男性の臭いや、加齢臭の原因物質であるノネナールとは明らかに異なっていた。

 そこで研究グループは、臭いの原因物質を特定するため、30代男性が着用したTシャツから臭い成分を抽出・濃縮して微量分析を行い、30代男性に固有の臭いを特徴づける物質が、ペラルゴン酸であることを明らかにした。30代の男性は皮脂分泌量がピークにあり、体幹部には皮脂腺が数多く存在するため、研究グループは「体幹部から分泌された皮脂が酸化され、一部がペラルゴン酸に変化した」と推定している。

 研究グループでは、約90種類の抗酸化物質について、皮脂の酸化抑制効果を測定し、「メマツヨイグサ抽出液」が高い酸化抑制作用があることを見出した。また、30代男性にメマツヨイグサ抽出液を使用し、臭気抑制効果を示すことも確認した。

 メマツヨイグサ抽出液はポリフェノールを豊富に含み、抗酸化作用、抗炎症作用、美白作用などを有することが知られている。そのため、化粧品原料などに用いられているが、体臭の発生を抑制する作用があることを確認したのは、今回が初めてだ。

 同社は今回の研究を応用して、30代男性に向けた商品の開発を進めており、来春の発売を目指している。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録