HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【05年度無承認薬買い上げ調査】後絶たない違法ドラッグ

2006年7月28日 (金)

 厚生労働省は、無承認無許可医薬品等に関する2005年度買い上げ調査の結果を公表した。いわゆる健康食品のうち、強壮効果を標榜する製品(強壮用健食)、痩身効果を標榜する製品(痩身用健食)、さらに最近乱用が問題となっている違法ドラッグの調査が行われた。その結果をみると、違法ドラッグでは25製品から幻覚作用等を持つ物質が検出されるなど、医薬品成分などを含む健食や違法ドラッグが依然として後を絶たず、薬物乱用への影響も懸念される状況だ。

 調査は47都道府県に買い上げ業務を委託し、昨年9月から今年3月まで実施したもの。各都道府県合わせて268製品(重複品目を含めると延べ277製品)を購入し、国立医薬品食品衛生研究所で医薬品成分の分析を行った。

 結果をみると、強壮用健食は134製品のうち27製品から、勃起不全治療薬のシルデナフィル、タダラフィルに加え、これらの成分と構造が類似したホンデナフィル、ノルネオシルデナフィル等が検出された。痩身用健食66製品の中には、医薬品成分が検出されたものはなかった。

 違法ドラッグについては、68製品のうち25製品に、幻覚作用等を有する物質が含有されていた。検出された主な成分は、トリプタミン系として5-MeO-AMT、5-MeO-MIPT、ハルミンなど、フェネチルアミン系でBDB、MMDA-2など、エフェドリン系でエフェドリン、プソイドエフェドリンなど、亜硝酸エステル類では亜硝酸イソプロピル、亜硝酸イソブチル、そのほかサルビノリンA、ヨヒンビン等も検出されている。

 厚労省によると、医薬品成分が検出された製品は無承認無許可医薬品に該当することから、当該製品を取り扱う業者等に対しては、関係都道府県などが販売中止や回収等の必要な措置を講じたとしている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録