HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【H5N1型インフルエンザワクチン】80%以上で免疫応答‐欧州で申請へ

2006年7月28日 (金)

 英グラクソ・スミスクラインは26日(現地時間)、開発中のH5N1型インフルエンザワクチンの臨床試験データの概要を発表し、「免疫応答のレベルは、インフルエンザワクチンの認可に必要な基準を満たすか、もしくは上回るもの」だったとの見解を示した。数カ月内には欧州で承認申請ができる見通しだという。

 発表によると、同社独自のアジュバント(免疫増強剤)を組み込んだワクチンでは、3.8μgの抗原で80%以上の被験者で免疫応答が認められた。同社は、「このような少量の抗原量で十分な効果を示すということは、これまでどのインフルエンザワクチンでも報告されていない」としている。

 これは、18060歳の健康な成人400人を対象にベルギーで実施した臨床試験の中間解析結果。日本の臨床試験は未定だという。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録