【新製品】香りで認知機能判定‐健診施設などに販売 小林製薬

2021年09月27日 (月)

 小林製薬は、香りを嗅ぐことで認知機能をスクリーニングするキット「ニンテスト」(雑貨品)を開発し、21日から人間ドッグ施設や健診センターなどへの販売を開始した。販売は6月に業務提携した栄研化学を通じて行う。

 同製品は、評価カップにスプレーした6種類の香料液の香りを被験者に嗅いでもらい、回答から算出したスコアにより認知機能の状態を判定。認知機能は、良好、低下傾向、懸念ありの3段階で評価する。

 認知機能の低下は、兆候を早期発見して対策を行うことがカギとされる。同社は「消臭元」や「サワデー」をはじめ、多くの芳香・消臭剤を製造販売しており、同製品の香料液には同社の香り研究を活用している。販売目標額は非公表。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報