HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【協和キリン】HDAC阻害剤の開発中止‐第III相でエンドポイント未達

2021年10月12日 (火)

 協和キリンは7日、クラスIヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)阻害剤「エンチノスタット」(KHK2375)の開発を中止すると発表した。導入先の米シンダックス・ファーマシューティカルズがホルモン受容体陽性乳癌を対象に実施中の国際共同第III相試験の結果、エンドポイント未達に終わったことから、治療薬としての確立が難しいと判断した。

 エンチノスタットは、エピジェネティクス機構による遺伝子発現を制御する選択的HDAC阻害剤。協和キリンが2014年に、シンダックスから日本と韓国における独占的開発・販売権を導入し、ホルモン受容体陽性乳癌を対象とした国内第II相試験を実施してきた。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報