TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【大阪府薬が調査】薬局の92%が強く影響受ける‐後発品の出荷停止・自主回収で

2021年10月20日 (水)

 大阪府薬剤師会が会員を対象に9月に実施した調査で、後発医薬品の出荷停止や自主回収等の影響を強く受けている薬局の割合は92%に達することが明らかになった。東京都薬剤師会が6月に実施した同様の調査では「納品が滞り調剤業務に影響が出る」「発注できない場合が多くある」と実感している薬局の割合は合計82%だったが、この3カ月間で10ポイント増えていた。事態収束のメドが立たず、影響がさらに拡大していることが、臨床現場サイドの調査で浮き彫りになった。

事態の収拾にメド立たず

 調査は、大阪府内の全会員薬局の管理薬剤師や開設者を対象に、9月13~25日に実施。3543薬局のうち1544薬局から回答があった(回答率43.6%)

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報