TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【日病薬東海ブロック】処方入力代行で「質」向上‐非薬剤師との連携も大切に

2021年11月11日 (木)

 日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会が7日までウェブ上で開かれ、タスクシフティングをテーマにしたシンポジウムでは各病院の薬剤師が様々な実践例を報告した。医師の処方入力代行に取り組んだところ薬剤師の質向上にもつながったことや、医師との協働強化に先立ち非薬剤師との連携体制を確立したことなどが示された。

タクスシフティングでシンポ

 奥村知香氏(浜松市リハビリテーション病院薬剤室)は、薬剤師による処方入力代行プロトコールを昨年7月に策定したと報告した。

 プロトコールでは、医師の処方入力を薬剤師が代行できる対象として、▽持参薬継続の点眼薬、吸入薬、鎮痛消炎外用剤、痔核用軟膏、坐薬▽頻回使用されている必要時指示薬の頓用処方化▽便秘コントロールのための下剤▽既処方薬の次回処方までの不足日数分▽週1回、月1回製剤の処方日数適正化▽注射処方のフラッシュ用注射用生理食塩水――の6項目を策定。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報