TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【公取委】卸6社に再び談合疑惑‐国立病院入札で立入検査

2021年11月12日 (金)

九州エリアを舞台に

 公正取引委員会は9日、国立病院機構の医療用医薬品入札に関して独占禁止法の疑いがあるとして、九州エリアの医薬品卸に対して立入検査を行った。立入検査を受けたのは、メディパルホールディングスのアトル、アルフレッサホールディングスのアルフレッサの福岡第一支店、スズケングループの翔薬、東邦ホールディングスの九州東邦、フォレストホールディングスのアステム、富田薬品の6社。各社は立入検査の事実を認め、今回の事態を厳粛かつ真摯に受け止め、公取委の検査へ全面協力することを表明した。

 9日は、国立病院機構が医薬品共同入札(競争入札)を公告した当日だった。今回の独禁法違反疑惑は、、労働者健康安全機構が運営する九州エリアの病院が調達する医療用医薬品の入札(国立病院機構本部発注者)に関するもの。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報